CONTENTS


祖母の着物と着物買取サービスの利用


華を趣味にしていた祖母は、沢山の着物を持っていました。毎日会っていたわけではないので、言い切ることは出来ませんが、同じ着物を着ている祖母は見たことがなかったように思います。そんな祖母も、旅立ってしまいました。大往生とも言って良い年齢でしたので、それほど悲しいという思いはありませんが、やはり寂しい気持ちには変わりません。そんな祖母の持ち物を整理した時に、困ってしまったのが大量にあった着物です。祖母以外に着物を着る人、着物に詳しい人が全くいなかったため、価値のある良い着物もあるのだろうけれど、実際には良く分からないという状態でした。祖母のものということで、着物をもらいたいという気持ちはあるものの、誰一人として着物を着る事はないだろうと分かっていたので、皆、複雑な気持ちでした。そんな時に思いついたのが着物買取です。着ないということは、管理も出来ないわけで、ただただ着物を傷ませるだけでは意味がありません。それなら、役立てるような形にしてしまう方が、皆にとっても着物にとっても良いと思ったのです。こんな形で着物買取を利用する事になるとは思いませんでしたが、私達にとっては、ある意味、救世主となってくれました。

© KIMONONAMIA. All Rights Reserved.