CONTENTS


着物買取では価値が分かるところで売ることが必要です


不要になった着物を売るときには、着物買取を専門に行っているところにもっていく必要があります。なぜかというと、着物はその素材など見るポイントがあり、それによって大きく金額が変わることがあるからです。そして、査定の時に見られるポイントとして汚れていないかです。そして、汚れているからといって買取をしてくれないかというとそういうことはありません。金額は低くなってしまいますが、材質が良い着物などはある程度の金額をつけてもらうことができます。例えば、帯が掛かる部分が少し汚れていたとしても、実際に着用する時には、隠れる部分なので転売するときに売れるという面もあります。そして、デザインによっても大きく変わってきます。時代とともにデザインが変わってきていますが、いいデザインのものは少しくらい古くても価値があります。もちろん、老舗で仕立てたものに関してはより価値があり、高く買取ってもらうことができます。特に、加賀友禅などはかなりの価値があります。そのため、しっかりと品が分かるところで着物買取をしてもらう必要があります。

© KIMONONAMIA. All Rights Reserved.